鉄道弘済会 義肢装具サポートセンターを選んだ理由と施設でのリハビリ生活

病院
Sponsored Links

私が今入院しているリハビリ施設は鉄道弘済会義肢装具サポートセンターです。

義足を必要とする障害者の自立を支援しています。

母体の鉄道弘済会はその名の通り、旧国鉄時代に鉄道事故で障害を負った方に福祉事業を展開する公益財団法人です。

縁あって義肢装具サポートセンターにお世話になることになりましたが、手厚いサポートを受けることができたのでとても満足しています。

 ・鉄道弘済会義肢装具サポートセンターを選んだ理由
 ・施設でのリハビリ生活
 ・リハビリ施設に入院するメリット

施設概要やリハビリ生活について詳しくお伝えします。

義足のリハビリ施設を検討中の方にとって有益な情報を提供できれば嬉しいです。

鉄道弘済会を選んだ理由

義肢装具士 臼井二美男さんを頼りに

義足の世界の第一人者で、パラリンピックアスリートを支援している方としても有名なのが義肢装具士の臼井二美男さんです。

テレビで何度もお名前を耳にしたことがありましたが、実際にお会いできたのは切断手術の半年以上前のことです。

杉並区役所が主催する義足の講演会に臼井さんが登壇されるということで、その講演会を聞きに行きました。

こぶちゃん
こぶちゃん

義足の種類や仕組みなど、義足の話を詳しく聞いたのはその時が初めてだった。

講演後に臼井さんとお話をする機会を頂いた時に、自分の状況や義足になる可能性について話すと「義足が必要になったら、うちにおいで」と義肢装具サポートセンターを紹介して下さいました。

そこで初めて鉄道弘済会の存在を知って、リハビリ施設を直接見てみたいと思い、すぐにサポートセンターに見学の予約を入れました。

理学療法士の方にもお会いして「義足になったら、歩けるようになるまで全力尽くします」と言って頂けたことが安心材料になったと思います。

また、日本屈指の義足の技術を誇るセンターであれば、義足の製作や調整などしっかりサポートして頂けると思いました。

センターが自宅から通える距離だったことも決め手になりました。

主治医からの紹介で

主治医から紹介されたリハビリ施設も鉄道弘済会義肢装具サポートセンターでした。

週に1度訪れる病院の装具屋にお世話になる話もありましたが、私は時間的な余裕があったので、入院しながら集中してリハビリができる施設を紹介してもらいました。

私が入院していた病院と鉄道弘済会には繋がりがあったので、比較的すんなりと転院することができたなという印象です。

自分がリハビリをしたいと思っていた場所を主治医に紹介してもらえたのはラッキーだったと思います。

義肢装具サポートセンターの概要

鉄道弘済会義肢装具サポートセンターは南千住駅の真横にあるリハビリ施設です。

建物内の様子

日比谷線と常磐線南千住駅のすぐ横にある4階建ての建物がサポートセンターです。

スカイツリーを間近に臨むことができる屋上もあります。

2階に義肢装具士の方が作業する工房があるのがこの施設の大きな特徴です。

M3階にあるリハビリ室で歩行練習をしている時にソケットに問題が生じると、担当の義肢装具士がソケットを持って、下の工房で調整をしてくれます。

3階には食堂、4階には入居者の部屋があります。それぞれ個室が割り当てられています。

こぶちゃん
こぶちゃん

リハ室と工房が一体化しているリハビリ施設は、日本でここだけって聞いたよ。

リハビリのスケジュール

午前中は午前9時半から11時半まで、午後は13時半から16時までリハビリの時間が組まれています。

基本的にはこの時間はリハ室でずっとリハビリをしています。

ただし、リハビリ内容がきっちり決まっているわけではないので、適当に休憩を挟みながら歩いています。

こぶちゃん
こぶちゃん

その日の体調に合わせてリハビリの内容を変えているよ。一緒にリハをしている人とおしゃべりするのも息抜きになるね。

リハビリの途中には、ストレッチの時間や外歩きの時間もあるので、リハビリは毎日あっという間に過ぎていきます。

リハビリに携わるスタッフ

鉄道弘済会サポートセンターでは、医師、看護師、理学療法士、義肢装具士、ソーシャルワーカーがチーム一丸となって患者のサポートにあたっています。

・医師と看護師

断端の状態や日々の健康状態のチェック、薬の処方を行っています。

断端に水泡ができた時も迅速に対応していただきました。

理学療法士

義足の調整や歩き方の指導、ストレッチを主に行っています。

リハビリで接する機会が一番多かったのが理学療法士で、義足にまつわる悩みを気軽に相談できる存在でした。

こぶちゃん
こぶちゃん

義足に関する知識や経験が豊富な方ばかりだから、質問があればすぐに答えてもらえるし、安心してリハビリを進められているよ。

義肢装具士

工房で作業されていることが多いですが、ちょこちょこリハ室にも顔をだしてくれます。

ソケットの製作や調整など義足ユーザーには欠かせない縁の下の力持ち的な存在です。

・ソーシャルワーカー

医療費の支払いや入院生活のサポートを担当されています。

いつも誰かが傍にいてくれて、困ったことがあれば気軽に声をかけることができる環境が整っているのが、このリハ室の良いところだと思います。

パラリンピックアスリートのサポート

鉄道弘済会サポートセンターでは、パラリンピックアスリートの義足の調整も行っています。

今年は東京パラリンピックがあるので、リハビリ中にパラリンピックの選手を見かける機会が何度もありました。

日本のトップ選手が調整に集まるような場所で義足を製作できていると思うと、環境に恵まれていると思います。

義足に特化した病院に入院する2つのメリット

仲間意識を持つことができる

義足に特化した病院に入院する最大のメリットは、同じような境遇の人と一緒にリハビリをすることで孤独感を感じにくくなることだと思います。

一般病棟だと切断をした人は自分だけだということは決して珍しいことではないと思います。

特に切断初期、足のない自分の姿を受け入れるまでの時間は孤独を感じやすいです。

しかしサポートセンターで入院している人は、全員同じように足がない人なので、足がないことが普通で居心地がいいのです。

こぶちゃん
こぶちゃん

断端を見せることにも抵抗がなくなって、半ズボンを履くことも当たり前になってる。

お互いの痛みを共有できるからこそ生まれる一体感みたいなものがリハ室にはあると思います。

お互い励まし合いながらリハビリに取り組むことができる環境が自分には合っています。

こぶちゃん
こぶちゃん

リハビリ施設を出た後に本当の意味での試練が始まると思うと怖いけど、ここで出会った人もみんな同じように乗り越えるんだと思えば、自分も頑張ろうって思えそう。

集中して歩行練習ができる

入院の他に、外来で通いながら歩行練習をする選択肢もありますが、入院するほうが効率的に練習を進めることができると思います。

朝から夕方までリハビリに集中できることはもちろん、その場で義足の細かい調整をすることも可能です。

平行棒から始まって外歩きに行くまで、時間的な縛りなく自分のペースでリハビリを進めたいという方には入院がピッタリだと思います。

こぶちゃん
こぶちゃん

自信を持って外の世界に出ることができるのが入院のメリットかな。

まとめ

義肢装具サポートセンター鉄道弘済会を選んだ理由は、義足技術の高さとリハ室の雰囲気の良さです。

義足を履き続ける限り、義足のメンテナンスで一生お世話になる場所なので病院は慎重に選びましょう。

義足の技術が高く、義肢装具士の方と信頼関係を築くことができる場所を求めていたので、鉄道弘済会はそういった意味でピッタリでした。

リハ室のスタッフが気さくな方ばかりだったのも、プラス評価に傾いた一つの理由でした。

リハビリは2、3カ月と長期にわたるので、リハ室の雰囲気を事前に確認しておくのも大切です。

住んでいる場所によっても選択肢は変わってくるかもしれませんが、できるだけ情報をたくさん集めて、納得のいく場所で義足の製作やリハビリができるといいと思います。

コメント