大腿切断者必見!断端形成時の包帯の巻き方を動画で解説【病院編】

断端管理 断端形成
Sponsored Links

こんにちは!新米義足ユーザーのこぶちゃんです。

今回は、術後直後の断端形成について動画付きで解説していきます。

断端形成?早速よく分からない単語がでてきましたね。

断端形成」は、包帯で断端を義足に適した形に整えることで傷口の状態が安定してきた頃に患者自身で行います。

術後数日は、断端の痛みや麻酔薬の副作用で断端管理をする余裕なんてないと思いますが、その痛みも徐々に落ち着いていきます。

こぶちゃん
こぶちゃん

断端の傷が治るのをひたすら待っていれば、義足がはけるようになるのかな、、

なんて最初はのんきに考えていましたが、術後の管理は自分でしっかりしないといけません。

ベッド上で適切な断端管理ができると、その後の義足のフィッティングがスムーズに進みますとても大事なプロセスなので、手を抜かずに、頑張りましょう!

担当の理学療法士の方に、断端形成時の包帯の巻き方を丁寧に教えてもらったので、ここで紹介したいと思います。

切断後に必要な断端のケア 

義足を装着する前準備として、術後に断端を少しずつ絞っていきます。

包帯を使いながら、術後直後で腫れてしまった断端を、義足に適した形に矯正していくということです。

最初は回診時に医師に包帯を巻いてもらっていましたが、途中から理学療法士の方に巻き方を教わって、自分で巻けるようにしました。

こぶちゃん
こぶちゃん

自分で巻けるようになると、包帯が解ける度にナースコールを押す必要がなくなるからね。しかも、強めに巻きたいとか、弱めに巻きたいとか、自分の好きなように巻けるから知って損はないと思うよ。

断端をしっかり形成するには、ただ単に包帯をグルグル巻くだけではダメです。自分の断端の大きさや断端長に合わせた巻き方を練習しないといけません。

正しい方法で包帯を巻いていないと、断端が瓢箪(ひょうたん)のような形になって、義足に適した断端に仕上げることが出来なくなってしまいます。

正しい形に戻すのに無駄に時間をかけるようなことは避けたいですよね。

こぶちゃん
こぶちゃん

断端形成は毎日の積み重ねだからしっかり取り組もう!

目指すはタケノコ!包帯の巻き方

断端形成で目指す姿はタケノコです。

そう、タケノコ。

包帯を交差するように巻いていくのですが、理学療法士の方曰く、タケノコが理想的な形だそうです。

どういうことかと言うと、、

・断端の先端に圧力がかかっている証拠=タケノコ。
・締まるべきところが締まっている。
・太もものあたりの圧迫が強く、先端に圧が逃げる=瓢箪の形。
・圧がかかるべきところが間違っている。

初めは包帯をギュッと抑えて巻くことができなかったので、すぐに包帯がたわんで、抜けてしまいました。どこで力を入れてどこで力を抜くのか、分からないままグルグルに巻いていたんですよね。

タケノコからは程遠い出来栄えでした。

こぶちゃん
こぶちゃん

断端は比較的長いほうだったけど、それでもスポッと取れてしまったから、その度に巻き直していたよ。短パンだと、包帯が取れた時に断端が丸見えになるから、裾を結んだ長ズボンをはいて出かけるようにしていたよ。

言わずもがな、理学療法士の方の巻き方はズバ抜けてうまくて、包帯の形を比較してみるとその腕は雲泥の差。当たり前といえば、当たり前なんですが、、、

断端形成のコツは、圧をかけたい場所で包帯にしっかりテンションをかけて断端に沿って巻くこと。

包帯の間に隙間があると、均一に圧がかからなかったり、そもそも圧がかかっていない状態になるので、隙間ができないように気をつけましょう。

時間はかかりますが、コツさえ掴んだら難なく巻けるようになりますよ。

包帯の巻き方を動画で解説

包帯の巻き方を動画で解説します。

私は大腿の真ん中ぐらいから切断しているので、切断面は下腿切断よりも太くなります。動画を撮影したのは術後1週間後だったので、断端はまだぷよぷよして浮腫んでいますね。

※動画には断端や点滴の針が映っています。苦手な方は視聴をご遠慮ください。

【 巻き方の手順 】

①包帯を断端の裏側まで這わせてから表に戻す。

②這わせた包帯が外れないように、断端の周径が一番太い位置で横に回す。
(ポイント:縦に張った包帯をピンと伸ばす。)

③包帯を左右に交差させながら、断端の先端をギュッと圧迫しながら巻いていく。
(ポイント:横に包帯を這わせる時はなるべく圧をかけないように注意する。)

こぶちゃん
こぶちゃん

動画だと一見難しく見えるけど、毎日巻いているとあっという間にできるようになるよ。

しばらくすると包帯が抜けやすくなりますが、それは断端が細くなっている証拠なので、とても良いサインです。

まとめ

断端形成は義足装着前に欠かせないプロセスです。

術後直後の断端管理の仕方次第で、義足を使ったリハビリにスムーズに移行できるかが変わります。とても重要なケアであることは間違いありません。

初めは包帯を巻くのが面倒くさいと感じることもあるでしょう。でも、気づいた頃には、どれだけ綺麗に巻けるかこだわるようになりますよ(笑)

特に移動が多い日中は包帯がよく抜けますが、面倒くさいと思っても、未来の自分のために、めげずに根気よく包帯を巻き続けましょう!

↓自宅での断端形成の方法を知りたい方はリンクをご覧ください。

切断後の断端形成にシリコンライナーを使ってみた【自宅編】
自宅での断端形成術の方法を解説します。病院で使っていた包帯の代わりに、日中にシリコンライナー、夜にスタンプシュリンカーを着用します。シリコンライナーには、断端を細くする役割と断端を保護する役割があって、断端を成熟させていくのに欠かせないアイテムです。毎日欠かさずシリコンライナーを履き続けることが断端形成の近道です。

コメント