Sponsored Links

ついに日本にも!3Dプリンターを使ったMEIKUの義足カバー製作に密着してきた

外装

こんにちは!義足ユーザーのこぶちゃんです!

唐突ですが、義足ユーザーのみなさんは義足にカバーをつけていますか?

私は普段何もつけず膝継手を見せて歩いていますが、TPOに合わせてファッション感覚でカバーを付け替えたりできるようになることが理想です。

海外にはさまざまなコンセプトの義足カバーブランドがあります。以前、義足カバーを探している方に向けて、カナダの義足カバーメーカーALLELESをご紹介しました。

いくつもブランドがあれば、その中から自分の好きなカバーを選ぶことができますが、日本ではそもそも義足カバーブランドがあまりないので選択肢が限られているのが現状です。

仮に気に入った海外製の義足カバーがあったとしても、日本に住んでいたら、「わざわざ海外から取り寄せるのは大変だな。国内で購入出来たり、好きなデザインでカバー作ってくれるところはないかな?」と思う方もいますよね。

海外と比べると、国内ではALLELESのように認知度のある義足カバーブランドを目にする機会は多くありません。ましてカスタマイズで製作してくれるブランドは私が知る限りありませんでした。

しかし、ついに3Dプリンターを使って義足カバーを製作してくれる国内ブランドが登場しました。

それが「MEIKU(メイク)です!

SNS上で活動されているのでまだまだ知名度は高くないですが、今後が期待される義足カバーブランドです。

知り合いがMEIKUにお願いして義足カバーを作るということだったので、打ち合わせに同行させてもらいました。製作から完成までの一部始終に密着させてもらったのでレポートしたいと思います。

義足カバーの実物を見せてもらいましたが、「私も欲しい!」と思ってしまうぐらい写真の通り近未来的でカッコいいカバーに仕上がっていました。

こぶちゃん
こぶちゃん

日本だと義足を街中で見せて歩いている人を見かける機会は少ないけど、MEIKUみたいなオシャレなカバーがこれからどんどん増えていけば、義足を見せてみようって思う人もでてきそうだよね。

MEIKUのカバーは義足ユーザーのカバーの選択肢を広げるだけではなくて、義足の印象を変えるきっかけになると期待しています!

MEIKUでカバーを作ってみようか検討している方に向けて、カバー製作の一連の流れをご紹介します。

義足カバーブランド「MEIKU」とは?

MEIKUのロゴ

MEIKUは2022年に義肢装具士の方が立ち上げた義足カバーブランドです。3Dプリンターを使って義足カバーを製作しています。

デザイン案の作成や打ち合わせ等すべて一人で担当されていて、「カバーを通して、義足を街中で見せてもいい意味で目を惹くものになって欲しい。靴や眼鏡のように、好きな義足も身にまとえるようにしたい」と熱意を持って活動されています。

実店舗はまだないので、TwitterやInstagramのDMで直接問い合わせをして製作依頼をする形になっています。

こぶちゃん
こぶちゃん

私の知り合いもMEIKUの公式Twitterで紹介されていたカバーのデザインを気に入ってDMしたみたい。

現時点ではフルカスタマイズで好きなようにカバーをデザインできます。

たまたま依頼したのがフィールドテスト期間中だったので、知り合いの彼はお手頃な価格で試すことができたそうです。

フルカスタマイズの大腿義足カバーで費用は5~6万ぐらい。

Twitterの公式アカウントによると、フィールドテスト期間中は通常よりも価格を抑えて、より多くの方に試作してもらえるような価格設定にしているそうです。

・費用;3~4万(依頼内容によって金額変動)   ・納期;2~3カ月

納期はおよそ2カ月で、その間にLINEを通じてデザイン案や打ち合わせ場所のやりとりを行います。今回はカバーの受け渡しを含めて、三度打ち合わせを行いました。

概要としては以上ですが、もっと詳しく知りたいという方はMEIKUのTwitter公式アカウントにアクセスしてみてください。

製作工程①【カバーデザインの打ち合わせ】

義足のスキャン

製作依頼が済んだら、打ち合わせの場を別途設けて、カバーデザインの大枠を決めていきます。

その前に3Dスキャンで義足の型を採って、義足カバーの大きさを確認します。

3Dスキャン撮影 Twitterより抜粋
こぶちゃん
こぶちゃん

iPadで義足の周りをスキャンしただけで義足の型が採れるみたい。義足の大きさによってもどんなデザインなら施すことができるのか変わってくるんだって。

細かいデザインの要望にも対応

今回は「アベンジャーズみたいな近未来的なカバーにしたい」と、デザインのイメージがはっきりしていたので、MEIKUさんはそのイメージに近いデザイン案をいくつか提案されていました。

こぶちゃん
こぶちゃん

言葉だけだとデザインとか雰囲気が伝わりにくいから、写真や画像を持っていくといいよ!こういうデザインにしたいってはっきりしていなくても、色々提案してもらえるとは思うけどね。

カスタマイズの良いところは、何と言っても自分の希望するデザインを形にできること。

外観はもちろんのこと、細かいデザインの要望にも応えてもらうことができます。

義足の調整に使用する六角レンチをカバーの中に入れて持ち持ち運びできるようにしたい、という要望に対しては、カバーの取り付け部分の裏にそれ用の収納場所を作って対応されていました。(モバイルバッテリーも収納可能です!)

取り付け部分の裏側に六角レンチを収納

その他にも、隙間から光が漏れるようなデザインにしたいという意向に沿う形で、LEDが仕込めるように設計されています。

カバーの隙間から光が漏れているのが分かるでしょうか。

カバーの隙間からLEDライトが見える仕掛け
こぶちゃん
こぶちゃん

MEIKUの担当者の方からは「できるだけ希望に沿うようなデザインにして、一緒にいい物を作り上げていきたい」っていう気持ちが伝わってきたよ。自分のカバーじゃないのに完成までワクワクしてたな(笑)

製作工程②【カバーの仮合わせ 】

デザインの大枠が決まれば、カバーの仮合わせまではLINEのやりとりの中でデザイン案を詰めていきます。

初めての打ち合わせから1ヶ月程経ってデザインが少しずつ決まってきた頃に、カバーの仮合わせがありました。(デザインによっては仮合わせを行わない場合もあります)

仮のカバーを義足に装着

デザインが施されていない仮のカバーを義足に合わせてみて、フィットするかどうか、義足にひっかかるところがないかを確認していきます。所要時間はおよそ1時間でした。

特に問題がなければ、ここからデザインを加えていきます。

製作工程③【カバーの受け渡し】

1回目の打ち合わせから3カ月後、ついに義足カバーが完成しました!

白を基調としたデザインでアクセントに青い線が入っています。街中で目を惹きそうな義足カバーですよね。

完成した義足カバー(塗装後)

カバーが義足にフィットすることは事前に確認できてはいても、いざ完成したカバーがピッタリはまるのかどうかは合わせてみないと分かりません。

大腿義足のカバー製作は初めての試みだったそうなので、担当者の方もドキドキされていました。

いざカバーをはめてみると、ジャストフィット!

義足にフィットしたことを確認した後は、完成したカバーの撮影です。撮影前にポージングの指導がはいっています(笑)

完成したカバーの撮影風景

これで受け渡しは終了です。

使っていく中で不具合などがあればLINEでフォローアップしてもらえるので安心です。

カバーの取り付け方

大腿義足用カバーの装着している様子を動画で撮影してみました。

側面のカバー部分をねじ止めしているので、細長いカバーをはめ込めば固定されるようになっています。

まとめ

義足カバーブランドMEIKUさんの製作から完成までの流れをまとめてみました。

これまでは既製品を購入することはできていても、国内で自分の好きなデザインで義足カバーを一から作ってもらうことは限られた人しかできなかったことだと思います。

それがこうしてface to faceで製作してもらえるようになったことで、義足ユーザーのカバーの選択肢がグッと広がりました。

MEIKUさんの活動はまだ限られた人しか知らないので、頼むなら今がチャンスです。

興味のある方は、ぜひMEIKUさんに直接問い合わせて義足カバーを作ってみてください!

コメント

  1. ネル より:

    こぶちゃん様
    楽しく読ませていただきました。
    お友達のカバー、素敵に仕上がりましたね!
    かっこいいです。
    お友達の足首に付いている、白いのは何でしょうか?足首部分が動きやすくなるためのものですか?それもかっこいいなと思いました。
    これから暑くなるので、ショートパンツでカバーを見せて颯爽と歩いてください♪

    • abientot より:

      ネルさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      夏にピッタリな白いカバーでかっこいいですよね☺
      足首の白いものはオットーボック社のメリディウム(Meridium)で、コンピューター制御足部なんですよ!
      200万越えの高額な足首です!

      これから暑くなるので、足を見せる機会が増えそうですね!
      ネルさんもお体に気をつけて、リハビリ頑張ってくださいね!

      • ネル より:

        ありがとうございます。
        本当に夏にぴったりのカバーですね。
        メリディウム、オットーボック社のページ以外で初めて拝見しました!カバーの色とマッチして、素敵な足部です。