痛い時は我慢しないで!幻肢痛に効く痛み止めの薬と服用量を解説

幻肢痛
Sponsored Links

こんばんは!

新米義足ユーザーのこぶちゃんです。

前回の記事で、多くの義足ユーザーが避けては通れない幻肢痛について書きました。

術後直後から術後1カ月までの記録。幻肢痛の痛みの変化と自己流の対処法
切断を経験して間もない人がまず直面するのは、幻肢痛(ファントムペイン)と呼ばれる痛みです。痛みには個人差がありますが、なかには激痛が走る人もいます。このブログでは私が個人的に感じた幻肢痛の感覚と痛みの度合、そしてそのコントロール方法など、幻肢痛によるQOLの低下を和らげるのに役立つ情報をご紹介します。

今回はその続き。幻肢痛に効く痛み止めについてです。

痛み止めの薬の代表格はリリカとリフレックス。

効果には個人差があると思いますが、私は痛み止めで痛みがかなり緩和しました。

痛み止めに救われた人間ですが、唯一マイナス面をあげるとすれば、薬の服用量が最終的に決まるまでに時間がかかったことです。

というのも、 副作用の眠気と幻肢痛の緩和を保つ絶妙なバランスって、なかなか見つからないんですよね。

こぶちゃん
こぶちゃん

時間をかけて薬の適量を決めたおかげで、その後うまく幻肢痛のコントロールが出来たと思うから、結果的には良かったけどね!

痛みの度合に合った薬の量に辿り着くまで辛い日々が続きますが、いつか必ず痛みのコントロールが効く日が来ます。

今痛みに耐えて治療をされている方に向けて、私が実際に服用した痛み止めとその薬の服用量をお伝えしたいと思います。

※薬の服用量や副作用に関しては、医療従事者に詳しく聞いてみてください。ブログは参考程度に。

幻肢痛に効く痛み止め

術後1カ月までに服用していた薬を公開します。

リリカ75mg /カロナール300mg/トラマール25mg

リリカ25mg/ カロナール300mg/トラマール25mg

リリカ150mg/リフレックス15mg/ワントラム100mg/カロナール300mg/トラマール25mg

幻肢痛が一番強かった術後2週間までは、最大5種類の薬を服用していましたが、それでも足りない、、と思うぐらい強烈な痛みがあったのを覚えています。

こぶちゃん
こぶちゃん

あまりの痛さに眉間に皺が寄りすぎて額に跡ができるかと思ったよ。手術を何度も受けてきて、痛みには自信があったけど、リアルに無理だと思ったのが幻肢痛だったね。

朝昼晩と痛みの度合いが違ったので、それに合わせて服用する薬の量も変更してもらいました。

朝3種類。昼3種類。夜は多めに5種類。

こぶちゃん
こぶちゃん

一時期あまりにも薬欲しいって言い過ぎて「ヤク中になるから、薬減らしたほうがいいんじゃない?」ってガチで心配された(笑)

朝と昼は気が紛れているせいか痛みは感じにくいですが、夜になると急激に痛みが襲ってきます。

これは切断経験者あるあるですね。

幻肢痛に効く薬の代名詞【リリカ】

一般的に幻肢痛に効くと言われている薬がリリカです。

リリカは神経性の痛みに効く薬なので、幻肢痛には効果があるのですが、眠気を引き起こす副作用があるので注意が必要です。

こぶちゃん
こぶちゃん

お昼には朝と夜の3分の1の量を処方してもらっていたよ。日中眠気が強くなるとウトウトして起きていられないからね。

義足ユーザーの方ならリリカを飲んでるよ!という人もいるのではないでしょうか。

幻肢痛があまりにも強すぎた時に、藁にも縋る気持ちでInstagramでアドバイスを求めたら、先輩義足ユーザーの方が「リリカの量を調節するといいよ」と教えてくれました。

激痛で眠れない日が続いていましたが、アドバイス通り、夜にリリカを多めに処方してもらうと、症状が落ち着きました。

眠気が出すぎて困った【リフレックス】

続いての薬はリフレックスです。リフレックスの副作用は、眠気とふらつきです。

このリフレックス、、

最初に服用した時に、副作用の眠気が一気に押し寄せてきて大変でした。

こぶちゃん
こぶちゃん

就寝前に飲んだリフレックスが効きすぎて、自分には合わなかったな… 次の日は一日中起きていられなかったし、リフレックスの効き目を聞きに来た医師と話しているときも頭がポワ~ッとなって、全然話が頭に入ってこなかった(笑)

副作用が強すぎるということで一度は服用を中止しましたが、服用後に幻肢痛がおさまった感覚があったので、量を減らして様子をみることにしました。

こぶちゃん
こぶちゃん

徐々に慣らしていったら、初めほど強い副作用はでなくなったよ。

結果的に、フレックス半錠であれば、副作用なく幻肢痛を抑えられると分かったので、術後2カ月の今も半錠飲み続けています。

自分に合った薬と適量を見つけていく作業が大切ですね!

緩和ケアチームと薬の種類と服用量を決める

幻肢痛のコントロールに関わってくれたのが緩和ケアチームの医師と看護師です。

「今日の幻肢痛は1から10で表すとどのくらいの強さですか?」

「幻肢痛はどんな痛みですか?」

毎日病室まで確認しにきてくださっていたので安心感がありました。

症状については、どんな小さな変化でも我慢せずに伝えていたと思います。

痛みが強くなる時間帯を意識したり、幻肢痛の痛みを言葉で伝えられたりするようにすると、症状にあった薬と量を提案してくれるはずです。

「カロナールやトラマールみたいに、自分の塩梅で薬の量を決めることができる薬もあるよ」と医師に提案してもらえたのが個人的には良かったです。

幻肢痛の度合いは体調や気分によっても変化するので、その都度薬を増やしたり減らしたりしながら柔軟に対応できて助かりました。

まとめ

術後2カ月半が経った今は、朝と夜にリリカを1、2錠飲むだけで痛みのコントロールができるようになりました。幸い幻肢痛に悩まされることなく快適に過ごしています。

中には幻肢痛と一生付き合う人もいるそうなので、不快感や痛みを強く感じる場合は医療機関に相談しましょう。

こぶちゃん
こぶちゃん

幻肢痛は我慢しないで、医師や看護師にすぐに伝えることが大切!

補足; 術後5カ月現在、薬の服用なし。

コメント