【切断後初のリハビリ】義足の履き心地は?リハビリ方法は?

ダンベルと靴 リハビリ
Sponsored Links

こんにちは!新米義足ユーザーのこぶちゃんです。

ついにやってきました、リハビリ初日です。1週間前に型採りしたソケットが完成して、断端も成熟してきたので、リハビリを開始することになりました。

こぶちゃん
こぶちゃん

自宅で1か月間待機していたからやる気だけは十分!義足で歩くってどんな感じか想像できないから、ドキドキしてたな。

リハビリ時間は午前と午後合わせて計4時間半です。

これを長いとみるか、短いとみるか。普通の病院であれば、1人にかけられるリハビリ時間は長くても1時間です。そう考えると、4時間以上もリハビリ時間が確保されている医療機関は珍しいと思います。

義足で歩けるようになるには、それだけ時間がかかるということなのかもしれません。

今のところ、順調にいけば2、3カ月で退院できるそうですが、初日が終わった今、歩いて退院するイメージは全然湧いていません(笑)

4時間半ずっと歩き続けているわけではありませんが、基本的にリハビリ中は義足のことばかり考えています。リハビリ内容もメニューが決まっているわけではないので、自分のペースで自由に休憩を挟みながら進めています。

ということで、今回は義足を初めて履いた時の率直な感想やリハビリの内容をシェアしたいと思います。

義足の履き心地は?

義足を初めて見た時は、「サイボーグみたいでかっこいい。早く履いてみたい。」と気持ちが高まりましたが、その気持ちとは裏腹に、履き心地は想像していたものと違いました。

「これで歩き続けるのか、、しんどいな」というのが正直な感想です。バケツに足を突っ込んでいる感覚に近くて、硬いプラスチックが皮膚に当たっていることに違和感しか感じませんでした。

こぶちゃん
こぶちゃん

決して履き心地がいいとは言えない義足を、一日中履き続けることができるのか心配になったというのが本音。

ソケットの強い圧迫感

大腿義足の場合は、シリコンライナーの先端についているピンで、プラスチック製のソケットを固定します。

吸着式もありますが、ライナー式が一般的です。浮腫んでいる断端をソケットの中に入れると、ピチッとはまります。ピン式は一度ピンで固定したら、よほどのことがない限り抜けません。

こぶちゃん
こぶちゃん

ピンを穴に差し込んで断端をソケットに固定させる時に、圧迫感を一番強く感じて、浮腫んでいる時は痛みを感じることもあるよ。

ただでさえ義足を履いているだけでも圧迫感があるのに、さらに体重をかけると足がビリビリします。この感覚に最初は戸惑うかもしれません。

プラスチック製の硬いソケットが内股に直撃

ソケットは内股スレスレまであるので、調整がうまくいっていないと、縁の部分が内股に当たります。大腿義足のソケットの縁はビキニラインの際どいラインを攻めているので、角度次第では内股に直撃してしまうのです。

プラスチック製のソケットは硬くて当たると痛いです。調整次第で痛みが出ないようにすることはできますが、それまでは痛みと向き合うことになります。

こぶちゃん
こぶちゃん

初めは長く履いていられなかったかな。何度もソケットの位置をずらして、少しでも内股が痛くならないようにしていたよ。

義足が重い

義足ってどれくらいの重さがあるかご存知ですか?

実際に義足を体重計に乗せて測ってみると、なんとその重さは3kg!片手でやっと持てるぐらいの重さです。切断手術の前後で体重を比較すると、術後に5kg近く落ちていたので、義足の重さが3kgでも納得ですね。

こぶちゃん
こぶちゃん

義足で前に足を一歩踏み出す時に重いと感じたよ。足があった時は気づかなかったけど、足って結構重いんだね。

チェックソケットの外観

練習用に作られた透明のソケットはチェックソケットと呼ばれています。ソケットの部分だけが自分の断端の形に合わせて作られていて、他のパーツは借り物です。

プラスチック製のチェックソケットは、熱を加えるだけで形を簡単に変えることができます。

チェックソケット@リハビリ施設
こぶちゃん
こぶちゃん

義足ってメカニックでかっこいい。靴はお気に入りのAdidas Superstar☆

熱で簡単に形を変えられることの他にも、外からシリコンライナーのピンが見えるようになっているのが透明チェックソケットのいいところです。どこにピン先が向いているのか分かると、ライナーを履かせた断端の出し入れがしやすくなります。

ソケットの正面に500円玉ぐらいの穴が開いていますが、この穴のおかげで、ピンをソケット底の穴に差し込みやすくなりました。

リハビリ方法

義足側に体重をかける練習

リハビリ初日はまず義足に慣れることから始めました。平行棒に掴まりながら義足に体重をかける練習からスタートです。

慣れてきたら、平行棒から両手を離して真っすぐ立つ練習。これが基本です。バランスを保とうと、左右均等に体重をかけようとする動きが働くので、立つだけでもリハビリになります。

体重計で左右の負荷をチェック

体重計を2つ用意して、義足にどれだけ体重が乗せられているかをチェックしました。

頑張って義足に体重をかけていると思っても、初めは体重の1/3 程度しか乗せることができませんでした。自分ではかなり荷重をかけているつもりでも、そこまで数字は伸びませんでしたね、、

ただ、荷重を繰り返すと少しずつ義足に体重を乗せる感覚にも慣れてきて、リハビリが終わる頃には体重の半分を乗せられるようになりました。

健足を酷使しないようにするという意味でも、義足にも健足と同じぐらいの負荷をかけられるようになることが目標です。

こぶちゃん
こぶちゃん

退院時の目標は、義足に全体重を乗せて片足立ちができるようになること。これができるようになると、健足に頼らなくても大丈夫になるよ。

体重は座骨にかけるのがポイント

体重を乗せるのは断端の先端ではなく座骨です。

そもそも座骨はどこにあるのでしょうか。座骨はベンチに座った時にぶつかる骨です。触ってみると、親指の先端ぐらいの大きさの骨があるのが分かると思います。

「座骨に体重を乗せるようにして歩いてみましょう」と理学療法士の方に言われましたが、座骨に正しく乗っている感覚を最後まで掴みきることはできませんでした。その感覚を掴むのが難しいようですが、リハビリを進めるうちに徐々にその感覚が分かるようになるそうです。

こぶちゃん
こぶちゃん

座骨に乗せる感覚を掴むまで時間はかかるらしい。少しずつ義足に乗せる体重を増やしていこう。

初日の歩行の様子

リハビリ初日が終わる直前に撮った動画です。初日にしたら上出来ではないでしょうか。よく見るとバーから手を離してはいませんが、ひいき目で見てください(笑)

まとめ

義足をつけるだけでも一苦労だったので、初日はあっという間に時間が過ぎていきました。夕方のリハビリが終わる頃には、体はヘトヘトです。

こぶちゃん
こぶちゃん

休憩が入るたびに部屋で爆睡していたよ。筋肉痛にもなったけど、それは今まで使っていなかった筋肉や腱を体重も使ったからかな?

体重を乗せる練習や歩く練習をしましたが、何よりもまず義足を履き続ける習慣を持つことが大切だと思いました。日々履き続けることで、義足にも体が徐々に慣れていくからです。

義足に体重を少しずつかけられるようになったり、断端もソケットに合うように変化したり、いいこと尽くしです。そうすると義足を履いた時の違和感が徐々になくなって、歩きに集中できるようになると思います。

違和感や不快感に負けないで、毎日義足を履き続けることができるといいですね。

これからはリハビリの進捗具合を比較できるように、毎週末に動画を撮ってアップロードしていきたいと思います。どこまで上達するのか自分でも楽しみです。

コメント