Sponsored Links

人には聞きづらいトイレ事情。私がトイレで大腿義足を外す3つの理由

トイレ事情 大腿義足

突然ですが、義足ユーザーのみなさんはトイレで義足を外しますか?

大腿義足の人はトイレの時どうしてるんだろう…

義足はずしてるのかな…?

そんな風に素朴な疑問を持っている人もいると思います。私もそうでした。

聞いてみたくても、義足ユーザーのトイレ事情なんて面と向かって聞けないよ~」

義足を履き始めた頃によく思っていたことです。

ブログという媒体だからこそ発信できることもあると思うので、私自身のトイレ経験談をお伝えします。

大腿義足だとトイレの便座にちょうどソケットがあたるので、私は外すようにしています。外すようになった3つの理由をご紹介したいと思います。

トイレで義足を外す3つの理由

私は家でも外でも、トイレでは基本的に義足を外します。

ソケットをつけたままでもできなくはないですが、私は外すメリットの方が大きいと感じているので、手間がかかっても外すようにしています。

外すきっかけになった出来事を3つご紹介します。

あわや惨事になるところだった

普段通りソケットを装着した状態でお手洗いに行った時に、あわや大惨事になりかけました。

でも安心してください。大惨事に”なりかけた”だけです(笑)

これはソケットがある大腿義足と股義足の人に限った話です。

大腿義足の場合、ソケットが内股のギリギリのところまで覆っている形状をしているので、普通に座るとソケットが便座の縁にあたってしまいます。

ソケットがあたらないように座ろうと思うと、便座には浅めに座らないといけません。そうすると、運が悪い場合、内股側のソケットが汚れてしまいます。

たまたまその時の座り方が悪かっただけなのかもしれませんが、いつも気を遣いながらトイレに行くのがイヤだなと思うようになって、義足を外すようになりました。

ソケットが便座を傷つけるから

大腿義足のソケットで便座が傷ついていると初めて気がついたのは、ふとトイレの便座を見た時でした。

便座に見える無数の細かい傷。

リハビリ施設で義足ユーザーが多く使用する共有のトイレの便座には、細かい傷がついていました。

便座に座るたびに大腿義足のソケットを便座に打ちつけると、こすったような跡ができます。

1、2回であれば問題ないと思いますが、何度もソケットを打ちつけていると、気がつかないうちに便座を傷つけてしまうのです。

自宅であれば問題ないのかもしれませんが、これが賃貸物件のトイレや他人の家のトイレだと気をつけなければいけません。義足を脱いだら傷つけずに済むと思ってからは、義足をはずすようになりました。

トイレが狭いから

トイレの大小は場所によってさまざまです。トイレの中を歩けるぐらい広いところもあれば、身動きがとれないほど狭いところもあります。

経験上、狭いと思うところの方が多いです。

スペースがないトイレだと、義足の膝を曲げるのに時間がかかります。膝が曲がらなくてあたふたしたこともあったので、いっそのこと脱いでしまおうと思いました。

義足を横に置いておけるほどのスペースがない時は、どっちみち大変なのは変わりはないですが(笑)

それでも義足を脱いでしまった方が小回りが利いていいと思うようになったので、トイレの中では義足を外しています。

トイレで大変だと思うこと

トイレでは義足を脱ぐようにしていますが、トイレに行く度に義足を外すのは正直面倒です。

はずさないで済んだらいいのになと思うのには理由が二つあります。

義足を脱ぐのに手間がかかる

特に義足になったばかりの頃は、ただ義足を脱ぐだけなのに結構時間がかかっていました。

片足でバランスを保ちながら義足をトイレの壁に立てかけるのですが、ものすごく狭いトイレの中でこれをするのは至難の業です

パンツスタイルの時は裾が床につかないように気をつけながら義足を脱がないといけないので、余計大変です。

ひとり個室の中で静かに奮闘しています(笑)

立てかけていた義足をドアにガンガン当ててしまったり、立てかけていた義足が倒れたりなんてことは日常茶飯事です。

気持ちや時間の余裕のある時であれば気にならないことでも、急ぎの時は焦ってしまう原因になるので、義足になってからは余裕を持ってお手洗いに行くようになりました。

義足の履き心地が変わる

毎回義足を履き直すと、その度に微妙にソケットのフィット感や義足の角度が変わってしまいます。

義足を脱ぐ前はフィット感が良いと思っていたのに、履き直したらソケットに下着が食い込んで、歩き始めた時に違和感を感じるなんてことが起こります。

私はその度にトイレに戻って履き直すようにしています。擦れの原因にもなったりするので、できるだけトイレから出る前に何度もフィット感を確認するようにしていますが、なかなかうまくいきません(笑)

どうやったら履き心地が変わらないようになるか、今も模索中です。

まとめ

以上、人には聞きづらいトイレ事情。私がトイレで義足を外す3つの理由でした。

義足を脱ぐデメリットはありますが、メリットを考えて私はトイレで義足を外すようになりました。

これはあくまでも私の話で、義足のままでも問題ないよ~という方もいると思います。誰にもトイレ事情を聞いたことがないので、大腿義足ユーザーのみなさんがどうしているのか個人的には非常に気になるところです。

兎にも角にも、義足関係なく、ストレスなくトイレに行けるのが一番ですよね。気持ちよくトイレタイムを過ごすのに何かプラスになる情報が提供できていれば嬉しいです。

コメント