義足ユーザーの恋愛事情とは?マッチングアプリで恋人を探してみた結果

その他
Sponsored Links

こんにちは!義足ユーザーのこぶちゃんです!

今回のテーマは「恋愛」

突然ですが、みなさんは恋してますか?

恋をするとアドレナリンが湧いて毎日ワクワクした気持ちになりますよね!恋愛をするとパワーが漲る一方で、悩みもつきものです。健常者でも障がい者でもそれは同じです。

私にとっては”義足であること”が大きな悩みの種になりました。

コロナ禍で出会いがなかったので、今や出会いの定番になりつつあるマッチングアプリを試してみたのですが、ふと「私・・・恋愛できるのかな?」と思ってしまったのです。

義足であることを受け入れてくれる人がいるのかな?

どうやって義足であることを伝えればいいんだろう?

出会い方が友達の紹介とかであれば、出会う前から義足であることが分かっていたりしますが、アプリの場合はそうではありません。

義足であることをどの時点で打ち明けて会うべきなのか悩みました。

実際には義足だと伝えた後に会ったというケースが多かったです。でも、中にはメッセージ上で「今後のことを考えると、義足の人とは難しい…」と断られてしまった時もあります。

義足じゃなければ上手くいってたのかな?なんて考えることも。

そんな中、義足であることを理解しようとする姿勢を見せてくれた方と出会いました。その方とはお付き合いは長く続かなかったのですが、義足になって初めてのお付き合いでは多くのことを学びました。

義足の自分に自信を持って、相手と向き合うこと。

義足は自分のアイデンティティのひとつであって、自分のすべてではないということ。

そして、必ずどこかに義足関係なく愛してくれる人がいること。

自信がなかった自分の考え方を変えてくれるきっかけとなった出会いでした。

義足の自分に自信が持てなかったり、恋愛に二の足を踏んでいる義足ユーザーもいると思います。そんな方の背中を押してあげられるような記事になれば嬉しいです。

ということで、マッチングアプリの経験談や恋愛観の変化について書いていこうと思います。

某マッチングアプリでの出会い

義足での生活も半年以上経ち、生活も落ち着き始めた20年7月初旬。

そろそろ真剣に恋人が欲しいなと思い始めてはいましたが、どこで相手を探してたらいいのか悩んでいました。

職場は8割男性ですが、既婚者ばかりなので、職場恋愛はもちろんNG。

しかも、コロナ禍真っ只中で外で出会いを求めるのが難しかったこともあって、街コンや友達の紹介もNG。

出会いってどこにあるのー??

そんなことを考えていた時にたまたま目にしたのが某マッチングアプリの広告でした。

こぶちゃん
こぶちゃん

アプリは使ったことあったけど、義足になってからは初めて。義足が恋愛面でハンデにならないか不安もあったけど、とりあえずやってみようと思って登録したよ。

意気込んで登録したのは良かったものの、プロフィールを埋めている段階で「義足」であることを記載するかどうか悩みました。

プロフィールに義足を記載するかしないか問題

プロフィールに義足であると書くかどうか悩んだ末、プロフィールには何も書かないで会う約束をした時点で義足であることを伝えることにしました。

この結論に至った理由は至ってシンプル。

ありのままの自分を好きになってくれる人を見つけたかったから

こぶちゃん
こぶちゃん

義足であることを隠し続けることは難しいと思ったし、会った時に驚かせたくなかったという気持ちが強かったから、会う前に伝えることにしたよ。

真剣に交際を考えている人だけに知ってもらいたいと思っていたので、会う約束をする段階になって初めてちゃんと事実を伝えて、会うかどうかの判断は相手に委ねようというスタンスでした。

どういう反応が待っているのか想像がつかなかったですし、義足を理由に断られて傷つくことがあるかもしれないとある程度覚悟を持ってはいました。

この時は楽しみという気持ちよりも不安の方が大きかったです。

アプリで実際にあった人

結果的にお付き合いに至るまでの1カ月半の間に義足だと伝えたのが7人。

伝えた後に自然消滅したのが2人。

伝えた時点でお断りされたのが2人。

実際に会う約束まで繋がったのが3人。

50%の確率で出会いに繋がったと考えると、悲観するほどではなかったのかなと思います。

こぶちゃん
こぶちゃん

義足だと伝えた時点で断られてしまうことの方が多いだろうと覚悟はしていたから、この結果は正直びっくりだった!

実際にお会いした男性に共通していたこと

実際にお会いできた3人の男性に共通していたことは、義足の私ではなく、私自身を知ろうとする姿勢が強かったことです。

こぶちゃん
こぶちゃん

「義足はあなたの一部であって、それがすべてではない。気にしないし、実際に会って話をしてみたい。」そういった趣旨の返信をしてくれたのが印象的だったな。

会うことに前向きな返信をしてくれた男性とは、実際にお会いした時にも、義足のことを気にすることなくフランクに話ができました。

義足でできること、できないこと、義足に至った経緯など、初めて会った時から抵抗なく話すことができたことで心の距離はグッと近づきました。

自分自身が義足であることを伝えたことで、男性側も伝えにくい過去やコンプレックスなど、普通なら話すハードルが上がってしまうような話題も話してくれました。

こぶちゃん
こぶちゃん

義足であることを特別視するのではなくて、一人の人として向き合ってくれたことが何よりも嬉しかったな~。思っていたよりも、みんな見た目を重視していなかったことに気がついたよ。

彼との出会いで気づいたこと

出会った翌日には本を読んで義足について勉強してくれたり、気になったことがあれば質問してくれたり、歩み寄る姿勢を特に見せてくれたのがお付き合いした彼でした。

メッセージのやり取りの中でも好印象でしたが、実際に会ってみても想像通り気さくで親しみやすい人だったので、お付き合いに至るのにそう時間はかかりませんでした。

お付き合いをしてから、義足であることを打ち明けた時にどう思ったのか彼に聞いてみたところ、

「義足であることは全然気にならなかった。むしろ実際に会ってみて、山登りをしてみたいと前向きな発言があったり、諦めずにチャレンジし続ける姿が好印象だった」と答えてくれました。

むしろ義足であることを一番気にしていたのは私自身でした。

義足であることを無意識のうちにコンプレックスだと思っていたからか、当時”彼に選んでもらった“という気持ちを持っていたような気がします。

そんな気持ちを見透かしたのか、ある日彼にこんなことを言われました。

自分は恋人とは対等な関係でいたい。可哀想だと思って選んだわけではない」と。

それを聞いてハッとしました。

私は無意識のうちに選んでもらう立場だと思い込んでいて、お付き合いの中でも最後まで対等な関係性を築くことができませんでした。

そういう気持ちを持ち続けていると、徐々に自信がなくなって、本来の自分らしさを失っていきます。自信を失うと上手くいくものも上手くいきません。

義足をマイナスに捉えず挑戦し続けている姿に魅力を感じてもらえたところからも分かるように、頑張っている姿が輝いて見えるのだと思います。

この経験を通して自分に自信を持ち続けることの大切さを学びました。

断られることもあるけど大丈夫

話を聞く限り、恋人ができるまでそんなに苦労していないんじゃないかと思われる方もいるかと思いますが、すべてが順調に進んでいたわけではありません。

途中でアプリをやめてしまおうと思ったこともありました。

私の場合、マッチングをしてメッセージを交換するまでは比較的にスムーズに進みましたが、義足を打ち明けたタイミングで躓くことが多かったです。

「やっぱり交際を想像できない・・・」

「会うのは遠慮させてください・・・」

義足を理由に断られることが何度もありました。

スタートラインにも立てないのかと、なんだか凄くショックでした。この先恋人なんてできないのかなと思った時もありました。

ただ、ここで自信を失わずにいられるかいられないかが大きな分かれ道だったと思います。

今の自分もそのままマルッと受け入れてくれる人がでてくるまで探そう!

断られた人とは縁がなかった!

断られること≠自分には魅力がない。

かなり無理矢理な考え方かもしれませんが、ポジティブに物事を捉えるように心がけました。

きっと自分の魅力に気づいてくれる人がいます!一つ一つの出会いを大切にしていけば、自然と縁は繋がっていくはずです。

最後に伝えたいこと

絶対に自分をありのまま受け入れてくれる人がいると信じて、一歩前に踏み出してみましょう。

傷つくのが怖いと思うのは障がい関係なく誰しも抱く感情です。私もそうでした。

断られてもOKなんて思えるほどのメンタルは今も持ち合わせていません(笑)

でも、きっと一歩踏み出してみることで新たな出会いに繋がるはずです。

本当にあなたのことが好きな人は、障がいなんて関係なく、あなた自身の魅力に気がついて好きになってくれると思います。

この記事で少しでも前向きな気持ちになる人が一人でも増えますように。

コメント

  1. ネル より:

    こぶちゃん様こんばんは。
    努力家で思いやりがあって知的なこぶちゃん様と共に時を過ごしたいという良いパートナーに、きっと巡り会えると思います。男女ともパートナーに求めることは人それぞれで、自分と合う人を簡単に見つけることができない場合もあると思いますが、沢山の人に出会ってみてくださいね。コロナ禍で出会いのチャンスがあまり無いのは残念ですが、ソウルメイトを見つける旅を続けてくださいね。私はこぶちゃん様に会ったことはありませんが、こぶちゃん様が書いているものを読むだけで、どのような心の女性か分かります。素敵なパートナーに出会えますように。

    • abientot より:

      ネル様

      こんばんは。嬉しいお言葉ありがとうございます!!
      実は、この記事の原案を作成したのは2年前なんです。
      当時出会った方とは縁がなかったのですが、今は義足繋がりでパートナーを見つけることができました^^
      まさか義足の人とお付き合いすることになるとは思っていなかったので、自分でもびっくりです(笑)
      義足同士だからこそ分かり合える部分もあったりするので、その点に関しても近々記事を書こうかなと思っています。
      またコメント頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします!